陰陽師・陰陽師Ⅱ

パートⅠ
出演: 野村萬斎/伊藤英明/真田広之/小泉今日子/今井絵理子

魑魅魍魎が跋扈する平安中期に活躍した陰陽師・安倍晴明。
かなりの美男とも伝えられる。
そんな彼が主人公の物語である。

平安時代初期の京の都で、怨霊に取り憑かれた上官を救うため、源博雅(伊藤英明)は陰陽師の阿倍晴明(野村萬斎)に助けを求める。
やがて、生まれたばかりの帝の子・敦平親王の身体に異変が起きるのだが…。

夢枕漠の人気小説を映画化した作品。
映画初主演の狂言師・野村萬斎の神秘的な演技が、この作品の最大の魅力と言えよう。
悪役・道尊を熱演する真田広之との対決シーンも迫力たっぷりで楽しめる。
ミポ的には、真田広之の方が好きだけど(o^-^o) ウフッ

パートⅡ
出演: 野村萬斎/伊藤英明/中井貴一/深田恭子/今井絵里子/市原隼人/古手川祐子

都では、宮中の人間が鬼に肩や口や足などを喰われる怪事件が発生する。
深田恭子演じる男勝りの姫君「日美子」をヒロインに、中井貴一の「幻角」を相手に、 安倍晴明が平安の都を揺るがす鬼退治にいどむ・・・。
一方、晴明の親友、「源博雅」は、琵琶弾く少年「須佐」に出会う。
日美子も須佐も、鬼にまつわる悲しく辛い運命を背負っていると解った、晴明と博雅のとる道は・・・。

前回に続き、野村萬斎の舞を見るのも楽しい。
何時も思うが、鬼にもあわれを感じてしまうのが切ない。

b0016928_261585.jpg

[PR]
# by mipo71 | 2005-05-09 02:15 | ホラー

ブリジット・ジョーンズの日記(きれそうなわたしの12か月)

出演: レニー・ゼルウィガー/ヒュー・グラント/コリン・ファース

ちょっと太めのヘビースモーカーのキャリア・ウーマン、ブリジット・ジョーンズ。
冴えない独身女性のロマンチック・ラブ・コメディ。

親の紹介でつき合い始めた弁護士マークとラブラブのブリジット・ジョーンズ。
人生バラ色、幸せの絶頂にいるのだが、マークと彼の美人アシスタントの仲が気になり、不安を募らせる。
マークとの仲に終わりの告げ、旅行番組でダニエルとコンビを組む仕事でタイに出発するのだが・・・。

b0016928_19222197.jpg

素直に笑える映画です。
前作は観てませんが、別にストーリー上に問題なく観られました。
主演のレニー・ゼルウィガーはシカゴ では魅力的なダンサーを演じましたが、この「ブリジット・ジョーンズの日記」の為に、ハンバーガーをいっぱい食べて太ったんですよね~。
イギリス訛りの英語もかなり練習したとか。
かなりの役者根性があります。
あか抜けしない独身女性になりきってますが、やはりチャーミングでした。
[PR]
# by mipo71 | 2005-05-03 19:24 | ラブストーリー

いぬのえいが

出演:中村獅童/伊東美咲/宮崎あおい/小西真奈美/天海祐希/佐藤隆太/佐野史郎/渡辺えり子 

ミュージカルだったり、アニメがあったりと数本の短編からなる、いわゆるオムニバスものです。
ショートストーリーなので、あらすじは書かないことにしました。

短いお話の中にも、笑いあり涙ありで、いろいろと考えさせられます。
犬を飼っている人ならば共感できるものばかりでしょう。
「ポチは待っていた」「ねぇ、マリモ」が特に泣かされます。

動物ものって、同じ様なパターンの悲しいものが多く、この作品も同様だけど、やっぱり良い映画だな~と素直に涙が出てきます。
喜びや悲しみの感情が共感できるのは、心に優しさが潜んでいるからだと思います。
だから泣くことが恥ずかしくはないのです。
けっこう、全般に笑わせて、後半にどんどん泣かせてしまう構成は、かなり考えられたものと思いますよ。
なかなか、笑いと涙のバランスが絶妙で、攻め上手に作られています。

この映画を観た後は、更に我が愛犬が愛おしくなります。

b0016928_2233961.jpg

[PR]
# by mipo71 | 2005-04-20 02:30 | その他

オペラ座の怪人

出演: ジェラルド・バトラー/ エミー・ロッサム /パトリック・ウィルソン / ミランダ・リチャードソン / ミニー・ドライヴァー  /シアラン・ハインズ 

1919年,今や廃墟と化したオペラ座で、昔の栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。
いよいよ、オペラ座を象徴するがのごとき豪華絢爛のシャンデリアが修復されて紹介されると同時に、悲劇の幕開けとなった1870年代へとタイムスリップされてゆく。

当時のオペラ座では、ファントムの仕業とされる怪事件が多発していた。
ファントムを、亡き父が言い残した「音楽の天使」と信じて、彼の指導を仰ぎ、歌の才能を伸ばしてきたクリスティーヌ。
彼女はある日、代役として主演に大抜擢され喝采を浴び、幼馴染みの青年貴族ラウルとも再会する。だがその幸せをファントムが許さない・・・
b0016928_0431185.jpg


昔から有名な「オペラ座の怪人」だが、映画化は意外と少ない。
これが3度目ではなかっただろうか?
しかし、今回の映画は、歌だけでなく、舞台、衣装等々、豪華絢爛。
見応え十分でした。

歌唱力も、撮影当時、わずか16歳のエミー・ロッサムは素晴らしかった。
甘い透き通るような声は、まさに天使の歌声。
パトリック・ウィルソンも上手い!!
主役のジェラルド・バトラーの歌声には、ちょっと無理があったかな~?とも思ったが、怪人の悲しみ、苦しみ、葛藤をよく表現していたので、合格としましょう(o^-^o) ウフッ
有名な曲を現代風に、ロック調にしていたのには驚きでしたが、テンポが良くて、気に入りました。
最初の白黒画像から、シャンデリアの姿と共に、カラーの画像にかわり、豪華なオペラ座に変身していく様は素晴らしい!!
一番の見所だったのではないでしょうか。

登場人物の年齢設定にちょっと疑問もありましたが、お奨めの映画です(〃´▽`〃)ノ♪
[PR]
# by mipo71 | 2005-03-20 00:45 | ミュージカル

アレキサンダー

主演:コリン・ファレル/アンジェリーナ・ジョリー/アンソニー・ポプキンズ/ヴァル・キルマー/
ジャレッド・レト

紀元前356年、マケドニア王フィリッポス(ヴァル・キルマー)と西方の王国との政略結婚で結ばれたオリンピアス(アンジェリーナ・ジョリー)との間にアレキサンダー(コリン・ファレル)は生まれる。
フィリッポスが暗殺され、王位を継いだアレキサンダーは20歳であった。
西アジア、エジプトを制覇し、ペルシアとの戦いに勝利したアレキサンダーはバビロンへ入城。そしてさらに東へ進もうとするのだが、臣下や母オリンピアス達の反対の狭間で葛藤する。
b0016928_1285633.jpg


今までの歴史大作映画同様、撮影技術、背景のスケールの大きさ等、感嘆する場面は多い。また、色々な民族が登場し、文化も上手く判りやすく取り入れて、見ていて面白い。
が、しかし、この映画では、何を言いたい、訴えたいのか、テーマがよく判らない。
なんとも長すぎて、何処がクライマックスなのか???で疲れる。
と言うより、アレキサンダーの歴史に詳しくないとよく判らない映画ではなかっただろうか。
しかも、ミポが一番クライマックスと思ってた場面は、赤く画像処理を施して、なんとも見づらく、残念だった。
森の中の戦闘シーンなので、広さと兵隊や馬の数で迫力を出せないので、赤い色で誤魔化したとしか思えなかった。

コリン・ファレルは好きな俳優だが、アレキサンダーのイメージではなかった。
しかし、思ったよりは違和感がなく、さすがに実力俳優だけのことはあると感心した。
アンジェリーナ・ジョリーは、やはり存在感のある綺麗な人だ、でも、アレキサンダーが大人になっても、全然老けないのが不自然。
彼女の老け役も見てみたかった。やっぱり、それなりの美しさがあっただろうに。

「アレキサンダー」はもう一つ、レオナルド・ディカプリオを主演で制作されてるという話も聞いてるが、それも期待しちゃう。(〃´▽`〃)ノ♪
[PR]
# by mipo71 | 2005-02-21 01:41 | 伝説・歴史

北の零年

出演:吉永小百合/渡辺謙/豊川悦司/柳葉俊郎/石原さとみ/香川照之/石田ゆり子/石橋蓮司

明治4年、四国の淡路から厳しい環境の北海道へ開拓移住を命じられた稲田家の家臣達は、先発隊と第一次移民団とで船で渡る。
小松原志乃は、すでに先発隊として静内で開墾を始めていた夫の英明と合流し、北海道で新たな国を作ろうと夫婦の絆をより確かなものにする。
しかし厳しい寒さで、作物は育たず、第二次移民団を乗せた船は難破と、多くの試練が彼らを襲う。
英明は農業技術を学ぶため、村を代表して札幌へと旅立つ。
しかし、英明は帰ってこない。
志乃と娘は、英明を探しに出るが、雪中に遭難する。
それから数年後、雪中から彼女達親子を助けてくれた、アメリカ人エドウィン・ダンの指導のもと、志乃は牧場経営に成功する。
だが、政府から、志乃の牧場の馬を供出するようにと命令が下る。
そこへ、札幌から英明が帰ってくるのだが・・・
b0016928_1161555.jpg

これは史実に基づいたドラマだが、この移民命令が下された裏には特殊な事情があった。
江戸時代、淡路を治めていたのは稲田家であるが、大名なみの扱いではあるが、実際は四国徳島藩の家老職の身分であった。
明治政府は新たな身分制度を設け、士族は、大名直属の家臣のみと定められた。
これによって家老職だった稲田家の当主は士族となるが、その家来である家臣たちは士族になれないのである。
これを不満とした稲田家は、徳島藩からの分藩独立運動を起こしたのだが、政府は、稲田家を徳島藩から分離させるため、北海道への移住を命じたのである。
こんな事情の上での開拓団であるから、帰る国のない、背水の陣だったのある。

畑や住居、牧場に至るまで、あの広大な背景は、すべてオープンセットだと言う。
製作費15億円、長期ロケに、豪華キャスト、延べ7000人のエキストラ、すべてがハリウッドなみの超大作。
撮影技術も負けてはいない、光と陰の描写、画面の切り替わり、人形や鍬のアップの画像から伝わるメッセージと、繊細な画像構成で美しさをかもしだす。・・・う~ん感動だわ~!!
その上、日本映画にはないスケールと力強さに圧倒されてしまう。

惜しむらくは、もう少し、吉永小百合を泥まみれにして欲しかった。
もっと熊の襲撃で悲惨な場面が欲しかった。
厳しい寒さの背景のわりには、人々が寒さを感じてないように見える。
これらをもっと、リアリティに描けば、満点の満点だったのにな~。
[PR]
# by mipo71 | 2005-01-31 01:16 | 伝説・歴史

リターナー

出演:金城 武/鈴木 杏/岸谷五朗/樹木希林

闇の取引現場に潜入して、ブラック・マネーを取り返し、依頼者にその金を送り戻す仕事を「リターナー」と言う。

ミヤモトは親友を殺した男を探しながら「リターナー」の仕事をしていた。
潜入したある取引現場で、偶然その男「溝口」に出会うが、激しい銃撃戦の末、取り逃がしてしまう。
そのうえ、そこに迷い込んだ少女に誤って発砲してしまう。

地球の運命を左右する事件が起きるので、未然にそれを防いで欲しいと、少女「ミリ」にミヤモトは、頼まれる。
そのためにミリは遠い未来からやって来たのだと言う。 
その上、仇敵、溝口が、その事件にからんでいる。
復讐を遂げたいミヤモトと未来を変えようとするミリは手を組むが・・・

日本の映画にしては、スケールが大きく、SFとしてもアクションとしても、楽しめた映画です。
主人公二人の演技も良かったけど、岸谷五朗の悪役ぶりに迫力と個性があり、樹木希林
の味のある演技が、この映画をもり立てていた。
b0016928_034826.jpg

[PR]
# by mipo71 | 2005-01-23 01:20 | SF

ハウルの動く城

ハウルの動く城
>ハウルの動く城は、本当に疑問が多いですね~。
全体的に綺麗な画像でほんわかムードで、お喋りが楽しいから救われてるけど。
見た後に???ばかりでした。
[PR]
# by mipo71 | 2005-01-22 19:01 | アニメ

バイオハザード

出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ /ミシェル・ロドリゲス /エリック・メビウス /ジェームズ・ピュアフォイ /マーティン・クルーズ

巨大企業アンブレラ・コーポレーションは、ハイブと呼ばれる地下研究施設でバイオ兵器の研究をしていた。

だが、ある日、研究中のウィルスが施設内に散布されてしまう。
施設外への伝染を防ぐために完全閉鎖し、内部調査のため特殊部隊が派遣された。
特殊部隊は、なぜか、入り口付近で倒れていたアリスを発見するのである。
しかし彼女は記憶を失っていた。

アリスは、特殊部隊に同行して、ハイブに潜入することになるが、そこには、ウィルスでゾンビ化された人間が・・・

ゲームの映画化だけあって、テンポもよく、痛快である。
けっこう見出すとはまってしまう。
人間関係もよく考えられて、最後の結末がおもしろい。
b0016928_3123573.jpg

[PR]
# by mipo71 | 2005-01-22 03:12 | アクション

猟奇的な彼女

出演 : チョン・ジヒョン/チャ・テヒョン/キム・インムン/ソン・オクスク

大学生のキョヌは地下鉄ホームで酔っぱらって危ない予感のする彼女と出会う。
そして、何故か、彼女を介抱するはめに。
翌日、彼女はキョヌを電話で呼び出し、これがきっかけで付き合うことになる。
可愛い外見とは裏腹に、過激で凶暴な「猟奇的な彼女」とつき合うようになったキョヌは、彼女に振り回されながらも、失恋した彼女の心を癒そうとする。
しかし、二人は自分達の気持ちをタイムカプセルに入れて、2年後に再会する事にした。

前半は、凶暴な彼女と気の弱い優しい男のただのラブコメディかと見てたが、後半は一転して純情ラブストーリーになっていくのが意外だった。
そして、つっこみ所もいっぱいあるけど、素直に笑える面白さが良かったかな。
この映画の面白さはやっぱりキョヌ役チャ・テヒョンの演技力の賜だろう。
ストーリー的には、最後の大どんでん返しが面白いのだろうが、残念なことに、最初にそれを気付いてしまった・・・。

b0016928_1991961.jpg

[PR]
# by mipo71 | 2005-01-06 19:07 | ラブストーリー