SAYURI

出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェール・ヨー/役所広司/コン・リー/工藤夕貴/大後寿々花(おおごすずか)

貧しい漁村に育った9歳の少女千代は、貧困の為に、姉と共に売られ、花街の置屋に引き取られていく。
知らない世界で、泣きわめきながらも、同じ境遇の少女、カボと芸者の修行に明け暮れる。

やっとめぐり合えた姉とも生き別れとなり、絶望した千代の前に、会長と呼ばれる親切な紳士が現れ、千代は淡い恋心とあこがれの心を持つ。
いつか立派な芸者になって、会長に再び会いたいと、希望を抱くようになった。
そして、千代は「さゆり」を襲名して芸者見習い(半玉)として波乱の人生を歩んでいくのだが。

b0016928_22325684.jpg


英語名(MEMOIRS OF A GEISHA)
第二次世界大戦前後の京都をベースにした、実在しない「はなまち」での生活を描いた「さゆり」という名前の芸者の物語。

正直、良くもなく、悪くもなくって感じかな。

確かに、筋書き、日本の文化をよく研究している。
でも表現の仕方が違うような。
まあ、外国人が作り、演技してるのだから仕方のないことだろう。

外人から見た日本文化はこのように見えるんだな~と考えながら観てると面白いのかも。
いきなり外人に着物の着こなしが悪いと言ってもしかたない。
でも、ミッシェル・ヨーはしっとりとした良い味を出してたと思う。
ちょっと賠償美津子を思い重ねてしまう。

さゆりの少女期を演じる大後寿々花が素晴らしかった。
世界的な大女優達を相手にして、みごとな演技である。

全体的に、照明も色合いも暗い場面が多かったが、これはチャン・ツィイーの華麗な舞の場面を明るく豪華に見せるための伏線かと思ったが、一番の見せ場の場面も暗かった(いや、お見事な舞でしたが)

もうちょっと明るい場面が欲しかったな~。
[PR]
# by mipo71 | 2006-01-19 22:33 | ドラマ

キングコング

出演:ナオミ・ワッツ/エイドリアン・ブロディ/ジャック・ブラック/アンディ・サーキス

映画撮影のために地図にも載っていない幻の孤島にやってきた一行。
そこで不気味な原住民に捕らえられたアン(ナオミ・ワッツ)は、なにかの生贄に・・・
それは、この世で見たこともない巨大怪物「キング・コング」である。
そして、アンを助けようとする仲間達にも、次々と巨大生物が襲いかかる。


面白かったです。
ストーリーなんて関係なく楽しめます。
島に着くまでが、ちょっと長かったけど、それなりには楽しめるコメディチックな要素も入れてました。でもやっぱりもうちょっと簡略化しても良かったな~。
その後からは凄い!!
これが現代の映画技術だと誇らしく見せ付けられるような画面の連続です。
「ジュラシックパーク」の恐竜や大型昆虫との戦いは、ドキドキハラハラ。
どんな特撮で撮ったのかと感心しながら見入ってしまいました。

コングの表情は「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役アンディ・サーキスが演じたフェイシャル・モーション・キャプチャーで作られ、まるで、本物のキングコングが居たのではないかと錯覚をおこしそう。
アンディ・サーキスは船員役で、素顔も見られました。
これって、やっぱり二役というのでしょうか(o^-^o) ウフッ

コングの顔の表情、特に目が良かったですね~。
この目で、観客の気持ちをググっとひきつけて、悲しみを増していきます。
b0016928_20173058.jpg


3時間以上の大作だが、飽きさせないのは、さすが!!
しかし、これから観る方は、必ずトイレに行くのをお進めします。(o^-^o) ウフッ

「戦場のピアニスト」主演のエイドリアン・ブロディは、そんなに好きではありませんでしたが、この映画では良い味を出してましたね~。
[PR]
# by mipo71 | 2006-01-19 20:21 | アドベンチャー

Mr.&Mrs. スミス

出演:ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン/アダム・ブロディ

南米のコロンビアで出会い一瞬のうちに恋に落ちてしまった二人。
なんと、二人は「殺し屋」だったのである。
お互い、職業を秘密にして電撃結婚。
しかし、二人は倦怠期に突入。

ある時ついに2人はお互いの正体を知ってしまい、殺し屋の掟を守るため壮絶な殺し合い(夫婦喧嘩???)を開始。

さて、軍配はどちらに???(▼∀▼)ニヤリッ

b0016928_14252276.jpg


ニコール・キッドマンが過密スケジュールで降板.。
キャサリン ・ゼタ=ジョーンズも駄目で、主演女優が決まらないのでブラッド・ピットも降りてしまい、ジョニー・デップにアプローチしたりしてモタモタしてた映画という噂だったが、なんとミポには、一番お似合いで魅力的な二人に決定。
なんとも嬉しい事である。

完全なるアクション映画かと思いきや、かなりコメディタッチでした(⌒▽⌒)アハハ!
しかし、見所は、二人の華麗なアクションですね~。
さすがにミポの愛したブラピとアンジーです。

理屈ぬきで観て楽しむ、スカッとする映画でした。

ブラピとアンジーに子供ができたって???
嘘? ほんと?
[PR]
# by mipo71 | 2006-01-19 14:38 | アクション

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

出演: ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/トム・フェルトン/ スターニスラフ・イワネフスキー/ケイティ・リューングマシュー・ルイス/ ロバート・パティンソン クレマンス・ポエジー/ ロビー・コルトレーン/レイフ・ファインズ /マイケル・ガンボン

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、最近、悪い夢にうなされるが、なぜか三大魔法学校対抗試合に出ることになった。

この試合に出場する選手は17歳以上でなければならないが、ハリーはまだ14歳。
対抗試合に出場するつもりなどなく、立候補した覚えもないが、出場決定した上は参加せざるを得ない。

疑惑と羨望の目がハリーに向けられ、親友のロンでさえ、ハリーが名声ほしさに何か仕掛けたのではないかと疑ってしまう。

対抗試合での課題は3つ。
試合も最後の課題にさしかかり、ハリーは、すべて、あるものの力のワナだったことを悟る。

そして、最近見る悪夢の謎が判ってきた。
とうとう大魔王が復活。
ハリーは渾身の力で戦い、その場の危機から免れるが・・・


ちょっと、中だるみの感じがありましたが、やはり画像は綺麗で神秘的。
技術も見事なものです。
最後の大魔王の復活場面から、がぜん盛り上がってきました。
次回が楽しみになる終わり方です。

ハリー・ポッターの映画は、ここには全然アップしてなかったですね。
と言うことで、1作目の画像と今回の画像をハリハリ~。
ダニエル君の成長したのがよく判ります。

b0016928_1573814.jpg

1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001)


ちなみに2作目は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002)
3作目は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004) ←今までのシリーズの中では一番面白かったと思います。

b0016928_158537.jpg

4作目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005)
[PR]
# by mipo71 | 2005-12-04 02:06 | ファンタジー

スター・ウォーズ エピソード3(シスの復讐)

出演: ユアン・マクレガー /ナタリー・ポートマン /ヘイデン・クリステンセン /イアン・マクディアミッド /サミュエル・L・ジャクソン

前作の4巻でルーク・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービ、レイア姫達が帝国軍皇帝とダース・ベイダー卿を倒して、平和を勝ち取るのだが、5巻目で、ルーク・スカイウォーカーの父であるアナキン・スカイウォーカーの生い立ち、そして今回の6巻目で、正義のジェダイだったアナキン・スカイウォーカーが、どうして悪の暗黒面へ転落してダース・ベーダーになっていったかを描いている。

アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の秘密の結婚から3年、アミダラは、いよいよ待望の子供を身ごもった。
一方、オビ=ワン・ケノービとアナキンは、強敵であるシス卿のダーク・ティラナス(クリストファー・リー)を倒すが、弟子を失ったシスのマスター、ダース・シディアスは新たな弟子にアナキンを選び、暗黒面に引き込もうともくろむ。


b0016928_2511028.jpg



しかし、長いシリーズで、面白かったが、なにが一番凄いかと言うと、特撮だ。
スケールも大きいがカメラワークもキャラクターも面白い。
しかも、前回と今回のアナキン・スカイウォーカーのシリーズは、本来は最初に持ってくるべきだったのを、あの頃の特撮技術では表現できないと言う理由で、エピソードと言う形で最後に持ってきたというのだから、その特撮の画面に期待しないはずがない。
最初の1巻目でもその撮影技法に度肝を抜かれたのだから。

でも、やはり、それだけの理由があった程に、見事な画面で楽しめた。
最初から最後まで画面に釘付けになる。
う~~ん、やっぱり、このシリーズは面白い!!
最高の映画だ(〃´▽`〃)ノ♪

最初のシリーズの主役、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルよりも、父親のアナキン・スカイウォーカー役のヘイデン・クリステンセンがとっても可愛くて格好いいわ~♡
[PR]
# by mipo71 | 2005-09-04 03:24 | SF

恋愛適齢期

出演:ジャック・ニコルソン/ダイアン・キートン/キアヌ・リーヴス/フランシス・マクドーマンド/アマンダ・ピート

ハリー63歳は独身の大富豪。
つきあう女性は30歳以下の美女ばかり。
ある日、恋人マリンと、彼女の母親の別荘へとやって来た。
マリンの母親エリカも、妹のゾーイと週末の別荘を訪れた。

エリカが別荘に着いて目にしたのは、あられもない姿で現われた娘のボーイフレンド。
大騒動の後に、またしてもハリーの心臓発作で大騒動。 
そのあげくにハリーはエリカの別荘で療養することになった。
そこへ、ハリーの主治医がエリカに恋をして・・・

エリカは20歳近くも年下の医者ジュリアンから愛の告白を受け、とまどいながらも、ひとつ屋根の下で暮らすうちにハリーにも心惹かれていく。
ハリーもまた、若くはないエリカの魅力にひかれ、お互いに愛し合うようになるのだが・・・


b0016928_2261884.jpg



ジャック・ニコルソンとダイアン・キートンのベテランの魅力全開でした。
ラブ・コメディとしてはちょっと型破りで面白い。
若い人よりも、老いを感じ始めた人が観る方が、この映画の面白さや楽しさが実感できるかもです。

しかし「マトリックス」のキアヌ・リーヴスに、この映画で出会うとは思いませんでした。
けっこうコメディにも入り込める人だったんですね~。
魅力的なお医者さんでしたよ。

ただ、前半は、コメディとして大いに笑え、テンポも良くて面白いのですが、後半は、普通のラブストーリーって感じで笑えませんでしたね~。
[PR]
# by mipo71 | 2005-08-28 02:27 | ラブストーリー

コラテラル

出演:トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス/ジェイダ・ピンケット=スミス/マーク・ラファロ/ピーター・バーグ

ロサンゼルスで、ごく平凡なタクシー運転手として毎日を送ってきたマックス(ジェイミー・フォックス)は、ある夜、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性検事を乗せた。
彼女と会話を交わすうちに、タクシーの乗客以上のものを感じたマックスは、自分のお守り代わりの写真を渡す。アニーもまた、別れ際にマックスに自分の名刺を残していく。

同じ頃、銀髪に白髪の無精髭の男、ヴィンセント(トム・クルーズ)がロサンゼルス空港に到着する。
彼はプロの殺し屋で、ある組織から、今夜、5人の重要な証人を殺害するという仕事を請け負って来た。
空港を出たヴィンセントは、マックスのタクシーを拾い、ビジネスマンを装いながら、殺害場所へと車を向かわせる。
 
ヴィンセントは、多額のチップと引き換えに、一晩のドライバー役をマックスに頼む。
紳士風のヴィンセントの風貌に信用したマックスは、建物の外で彼の戻りを待つのだが、彼のタクシーの上に、突然、男の死体が落下してきた。
ヴィンセントが殺し屋であることを知ったマックスは・・・
そして、前客のアニーと思わぬ再開が・・・
 


b0016928_342819.jpg


コラテラル(COLLATERAL)とは、「巻き添え」という意味らしい。
なるほど・・・と納得した題名である。
主演は、今回、悪役に初挑戦で話題を呼んだトム・クルーズで、タクシードライバーは、ジェイミー・フォックス。
殆どが2人だけの構成でストーリーが成り立っている。
しかし、どうも主役がトムではなくジェイミー・フォックスの見えるのはミポだけかしら?
前に観た「ラスト サムライ」も、主役が渡辺謙に見えたんだけど・・・
[PR]
# by mipo71 | 2005-08-23 03:11 | サスペンス

宇宙戦争

出演:トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ジャスティン・チャットウィン/ティム・ロビンス

ある晴れた日、とある町に突然黒雲がわき雷が轟いた。それを機に巨大な何かが大地を震わせ、うごめき始める。
人々は恐怖に怯え逃げまどう。
そして異星人の操る「トライポッド」が地底よりその巨大な姿を現し、地球侵略を開始した。
レイは息子のロビーと娘レイチェルと共に逃げながら、別れた妻、子供達の母親の元へ子供を連れて行こうとするのだが・・・
宇宙からの侵略者を相手に戦うすべを知らない人間たちは、ただただ侵略者から逃げるのみ。


b0016928_213227.jpg


異星人と戦って勝利を勝ち取るという、アクションと感動に酔いしれるような映画ではなかった。
ただただ逃げまどうのみ。
あの、憧れのトム・クルーズが主演ならば、誰しもがトムが格好良く戦い、異星人をやっつけると期待して劇場に足を運んだと思うのだが、そこに何か未消化なものを感じる。
異星人は勝手に現れ、勝手に滅んでしまったって感じなんですよね~。
異星人の最後もあっけなかった。
これでもやっぱり戦争なの?ちょっと題名がオーバーじゃないって感じです。(´~`ヾ) ぽりり・・・
しかし、レイチェル役の女の子ダコタ・ファニングの演技は上手かった!!
[PR]
# by mipo71 | 2005-08-22 02:15 | SF

交渉人 真下正義

主演:ユースケ・サンタマリア/寺島進/小泉孝太郎/柳葉敏郎/水野美紀/金田龍之介/石井正則/國村隼/西村雅彦/八千草薫

「踊る大捜査線」のスピンオフ映画(脇役が後に作る映画で主役をする)
キャリアの真下正義は青島刑事の居る湾岸署に入ってきて、警視庁初の交渉人として登場。

その一年後のクリスマス、雪乃刑事とデートの約束をしたところに事件発生。
無人の最新地下鉄車両が何者かに乗っ取られて暴走し大パニックとなる。
そして真下警視が交渉相手として指名された。
犯人とのかけひきで、わずかなヒントをてがかりに捜査を進めていく・・・

b0016928_10434548.jpg


見たこともない新車両、これが格好いいので、尚更、暴走シーンで恐怖が増し、意外と面白かったです。迫力満点!!
前半はハラハラドキドキ。
後半は、犯人の出したヒントを自分も一緒に考えてしまいます。
映画の題名がヒントになってるので、映画ファンにとってはこれがまた面白い。
でも、ある登場人物のセリフの一言と偶然で、簡単に先が読めちゃうのが残念。
しかし、所々に挟んでるギャグも面白いし、地下鉄司令所や、その仕事ぶりにも興味をが引かれました。
今回初登場の木島刑事がいいキャラしてましたしね。

今回の「交渉人 真下正義」は犯人不明だったのが、ちょっとひっかかります。
生きてるのか死んでるのかも。
もしかして、次のスピンオフ映画「容疑者 室井慎次」に繋がっていくのかしら???
「容疑者 室井慎次」は来月8月公開予定、絶対観なっくっちゃ!!( ^ー゜)b
[PR]
# by mipo71 | 2005-07-22 10:44 | サスペンス

キングダム・オブ・ヘブン

出演:オーランド・ブルーム/エヴァ・グリーン/リーアム・ニーソン/エドワード・ノートン/マートン・ソーカス/ジェレミー・アイアンズ/ハッサン・マスード

12世紀のフランス、父である十字軍の騎士に導かれ、エルサレムへと目指す鍛冶屋のバリアン。
途中で父は死に、父の理想「キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)」を創ることを受け継ぎ、ボードワン4世に仕える。
そして運命の人、王の妹シビラと巡り会う。
だが、彼女はエルサレム王を狙うギーの妻であった。
後に王となったギーは無謀な行軍に失敗し、エルサレムを窮地に陥れる。
兵のいない城を守り、指揮をとるバリアンの運命は・・・

b0016928_021512.jpg


史実に基づいて作られた映画なので、西洋、いやキリスト文化の人はよく知ってる人物かもしれないが、日本では、ほとんどの人が知らないであろう。
故に、映画を見ただけでは、その内容、背景が知ってるものとして作られてるようで、なにも知らないミポにはストーリーがよく飲み込めず、難しい内容の映画でした。

そして、シビラにちょっとがっかり。
もっと激しい強さを持った人かと期待していました。

最後の城へ立て籠もっての戦いはロード・オブ・ザ・リング を意識してるのかしら、ソックリって感じでしたけど。
でもでも、オーランド・ブルームはやっぱり素敵でした。

ボードワン4世は最後まで仮面を被って素顔を見せないのですが、とっても良い雰囲気がありました。
なんと、これが「ファイトクラブ」「真実の行方」のエドワード・ノートンだったんですよね~。
スクリーンの中で、ちょっとでもお顔が見たかったわ~。
[PR]
# by mipo71 | 2005-06-12 00:40 | 伝説・歴史