<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SAYURI

出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェール・ヨー/役所広司/コン・リー/工藤夕貴/大後寿々花(おおごすずか)

貧しい漁村に育った9歳の少女千代は、貧困の為に、姉と共に売られ、花街の置屋に引き取られていく。
知らない世界で、泣きわめきながらも、同じ境遇の少女、カボと芸者の修行に明け暮れる。

やっとめぐり合えた姉とも生き別れとなり、絶望した千代の前に、会長と呼ばれる親切な紳士が現れ、千代は淡い恋心とあこがれの心を持つ。
いつか立派な芸者になって、会長に再び会いたいと、希望を抱くようになった。
そして、千代は「さゆり」を襲名して芸者見習い(半玉)として波乱の人生を歩んでいくのだが。

b0016928_22325684.jpg


英語名(MEMOIRS OF A GEISHA)
第二次世界大戦前後の京都をベースにした、実在しない「はなまち」での生活を描いた「さゆり」という名前の芸者の物語。

正直、良くもなく、悪くもなくって感じかな。

確かに、筋書き、日本の文化をよく研究している。
でも表現の仕方が違うような。
まあ、外国人が作り、演技してるのだから仕方のないことだろう。

外人から見た日本文化はこのように見えるんだな~と考えながら観てると面白いのかも。
いきなり外人に着物の着こなしが悪いと言ってもしかたない。
でも、ミッシェル・ヨーはしっとりとした良い味を出してたと思う。
ちょっと賠償美津子を思い重ねてしまう。

さゆりの少女期を演じる大後寿々花が素晴らしかった。
世界的な大女優達を相手にして、みごとな演技である。

全体的に、照明も色合いも暗い場面が多かったが、これはチャン・ツィイーの華麗な舞の場面を明るく豪華に見せるための伏線かと思ったが、一番の見せ場の場面も暗かった(いや、お見事な舞でしたが)

もうちょっと明るい場面が欲しかったな~。
[PR]
by mipo71 | 2006-01-19 22:33 | ドラマ

キングコング

出演:ナオミ・ワッツ/エイドリアン・ブロディ/ジャック・ブラック/アンディ・サーキス

映画撮影のために地図にも載っていない幻の孤島にやってきた一行。
そこで不気味な原住民に捕らえられたアン(ナオミ・ワッツ)は、なにかの生贄に・・・
それは、この世で見たこともない巨大怪物「キング・コング」である。
そして、アンを助けようとする仲間達にも、次々と巨大生物が襲いかかる。


面白かったです。
ストーリーなんて関係なく楽しめます。
島に着くまでが、ちょっと長かったけど、それなりには楽しめるコメディチックな要素も入れてました。でもやっぱりもうちょっと簡略化しても良かったな~。
その後からは凄い!!
これが現代の映画技術だと誇らしく見せ付けられるような画面の連続です。
「ジュラシックパーク」の恐竜や大型昆虫との戦いは、ドキドキハラハラ。
どんな特撮で撮ったのかと感心しながら見入ってしまいました。

コングの表情は「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役アンディ・サーキスが演じたフェイシャル・モーション・キャプチャーで作られ、まるで、本物のキングコングが居たのではないかと錯覚をおこしそう。
アンディ・サーキスは船員役で、素顔も見られました。
これって、やっぱり二役というのでしょうか(o^-^o) ウフッ

コングの顔の表情、特に目が良かったですね~。
この目で、観客の気持ちをググっとひきつけて、悲しみを増していきます。
b0016928_20173058.jpg


3時間以上の大作だが、飽きさせないのは、さすが!!
しかし、これから観る方は、必ずトイレに行くのをお進めします。(o^-^o) ウフッ

「戦場のピアニスト」主演のエイドリアン・ブロディは、そんなに好きではありませんでしたが、この映画では良い味を出してましたね~。
[PR]
by mipo71 | 2006-01-19 20:21 | アドベンチャー

Mr.&Mrs. スミス

出演:ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ヴォーン/アダム・ブロディ

南米のコロンビアで出会い一瞬のうちに恋に落ちてしまった二人。
なんと、二人は「殺し屋」だったのである。
お互い、職業を秘密にして電撃結婚。
しかし、二人は倦怠期に突入。

ある時ついに2人はお互いの正体を知ってしまい、殺し屋の掟を守るため壮絶な殺し合い(夫婦喧嘩???)を開始。

さて、軍配はどちらに???(▼∀▼)ニヤリッ

b0016928_14252276.jpg


ニコール・キッドマンが過密スケジュールで降板.。
キャサリン ・ゼタ=ジョーンズも駄目で、主演女優が決まらないのでブラッド・ピットも降りてしまい、ジョニー・デップにアプローチしたりしてモタモタしてた映画という噂だったが、なんとミポには、一番お似合いで魅力的な二人に決定。
なんとも嬉しい事である。

完全なるアクション映画かと思いきや、かなりコメディタッチでした(⌒▽⌒)アハハ!
しかし、見所は、二人の華麗なアクションですね~。
さすがにミポの愛したブラピとアンジーです。

理屈ぬきで観て楽しむ、スカッとする映画でした。

ブラピとアンジーに子供ができたって???
嘘? ほんと?
[PR]
by mipo71 | 2006-01-19 14:38 | アクション