<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北の零年

出演:吉永小百合/渡辺謙/豊川悦司/柳葉俊郎/石原さとみ/香川照之/石田ゆり子/石橋蓮司

明治4年、四国の淡路から厳しい環境の北海道へ開拓移住を命じられた稲田家の家臣達は、先発隊と第一次移民団とで船で渡る。
小松原志乃は、すでに先発隊として静内で開墾を始めていた夫の英明と合流し、北海道で新たな国を作ろうと夫婦の絆をより確かなものにする。
しかし厳しい寒さで、作物は育たず、第二次移民団を乗せた船は難破と、多くの試練が彼らを襲う。
英明は農業技術を学ぶため、村を代表して札幌へと旅立つ。
しかし、英明は帰ってこない。
志乃と娘は、英明を探しに出るが、雪中に遭難する。
それから数年後、雪中から彼女達親子を助けてくれた、アメリカ人エドウィン・ダンの指導のもと、志乃は牧場経営に成功する。
だが、政府から、志乃の牧場の馬を供出するようにと命令が下る。
そこへ、札幌から英明が帰ってくるのだが・・・
b0016928_1161555.jpg

これは史実に基づいたドラマだが、この移民命令が下された裏には特殊な事情があった。
江戸時代、淡路を治めていたのは稲田家であるが、大名なみの扱いではあるが、実際は四国徳島藩の家老職の身分であった。
明治政府は新たな身分制度を設け、士族は、大名直属の家臣のみと定められた。
これによって家老職だった稲田家の当主は士族となるが、その家来である家臣たちは士族になれないのである。
これを不満とした稲田家は、徳島藩からの分藩独立運動を起こしたのだが、政府は、稲田家を徳島藩から分離させるため、北海道への移住を命じたのである。
こんな事情の上での開拓団であるから、帰る国のない、背水の陣だったのある。

畑や住居、牧場に至るまで、あの広大な背景は、すべてオープンセットだと言う。
製作費15億円、長期ロケに、豪華キャスト、延べ7000人のエキストラ、すべてがハリウッドなみの超大作。
撮影技術も負けてはいない、光と陰の描写、画面の切り替わり、人形や鍬のアップの画像から伝わるメッセージと、繊細な画像構成で美しさをかもしだす。・・・う~ん感動だわ~!!
その上、日本映画にはないスケールと力強さに圧倒されてしまう。

惜しむらくは、もう少し、吉永小百合を泥まみれにして欲しかった。
もっと熊の襲撃で悲惨な場面が欲しかった。
厳しい寒さの背景のわりには、人々が寒さを感じてないように見える。
これらをもっと、リアリティに描けば、満点の満点だったのにな~。
[PR]
by mipo71 | 2005-01-31 01:16 | 伝説・歴史

リターナー

出演:金城 武/鈴木 杏/岸谷五朗/樹木希林

闇の取引現場に潜入して、ブラック・マネーを取り返し、依頼者にその金を送り戻す仕事を「リターナー」と言う。

ミヤモトは親友を殺した男を探しながら「リターナー」の仕事をしていた。
潜入したある取引現場で、偶然その男「溝口」に出会うが、激しい銃撃戦の末、取り逃がしてしまう。
そのうえ、そこに迷い込んだ少女に誤って発砲してしまう。

地球の運命を左右する事件が起きるので、未然にそれを防いで欲しいと、少女「ミリ」にミヤモトは、頼まれる。
そのためにミリは遠い未来からやって来たのだと言う。 
その上、仇敵、溝口が、その事件にからんでいる。
復讐を遂げたいミヤモトと未来を変えようとするミリは手を組むが・・・

日本の映画にしては、スケールが大きく、SFとしてもアクションとしても、楽しめた映画です。
主人公二人の演技も良かったけど、岸谷五朗の悪役ぶりに迫力と個性があり、樹木希林
の味のある演技が、この映画をもり立てていた。
b0016928_034826.jpg

[PR]
by mipo71 | 2005-01-23 01:20 | SF

ハウルの動く城

ハウルの動く城
>ハウルの動く城は、本当に疑問が多いですね~。
全体的に綺麗な画像でほんわかムードで、お喋りが楽しいから救われてるけど。
見た後に???ばかりでした。
[PR]
by mipo71 | 2005-01-22 19:01 | アニメ

バイオハザード

出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ /ミシェル・ロドリゲス /エリック・メビウス /ジェームズ・ピュアフォイ /マーティン・クルーズ

巨大企業アンブレラ・コーポレーションは、ハイブと呼ばれる地下研究施設でバイオ兵器の研究をしていた。

だが、ある日、研究中のウィルスが施設内に散布されてしまう。
施設外への伝染を防ぐために完全閉鎖し、内部調査のため特殊部隊が派遣された。
特殊部隊は、なぜか、入り口付近で倒れていたアリスを発見するのである。
しかし彼女は記憶を失っていた。

アリスは、特殊部隊に同行して、ハイブに潜入することになるが、そこには、ウィルスでゾンビ化された人間が・・・

ゲームの映画化だけあって、テンポもよく、痛快である。
けっこう見出すとはまってしまう。
人間関係もよく考えられて、最後の結末がおもしろい。
b0016928_3123573.jpg

[PR]
by mipo71 | 2005-01-22 03:12 | アクション

猟奇的な彼女

出演 : チョン・ジヒョン/チャ・テヒョン/キム・インムン/ソン・オクスク

大学生のキョヌは地下鉄ホームで酔っぱらって危ない予感のする彼女と出会う。
そして、何故か、彼女を介抱するはめに。
翌日、彼女はキョヌを電話で呼び出し、これがきっかけで付き合うことになる。
可愛い外見とは裏腹に、過激で凶暴な「猟奇的な彼女」とつき合うようになったキョヌは、彼女に振り回されながらも、失恋した彼女の心を癒そうとする。
しかし、二人は自分達の気持ちをタイムカプセルに入れて、2年後に再会する事にした。

前半は、凶暴な彼女と気の弱い優しい男のただのラブコメディかと見てたが、後半は一転して純情ラブストーリーになっていくのが意外だった。
そして、つっこみ所もいっぱいあるけど、素直に笑える面白さが良かったかな。
この映画の面白さはやっぱりキョヌ役チャ・テヒョンの演技力の賜だろう。
ストーリー的には、最後の大どんでん返しが面白いのだろうが、残念なことに、最初にそれを気付いてしまった・・・。

b0016928_1991961.jpg

[PR]
by mipo71 | 2005-01-06 19:07 | ラブストーリー