<   2004年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

シークレット・ウィンドウ

出演:ジョニー・デップ /ジョン・タートゥーロ /マリア・ベロ /ティモシー・ハットン /チャールズ・ダットン

人気ミステリー作家のモートは妻と別居し、湖のほとりのコテージで暮らしていた。
そんなある日、彼の元に不気味な男が現れた。
いきなり「私の小説を盗んだな」・・・ジョン・シューターと名乗る男は言った。
モートは彼を追い払ったが、彼が置いていった小説が、自分のと全く同じであることに気が付く。
やがてモートの愛犬が殺され、知り合いの探偵、知人が殺され、別居中の妻が住んでる家が焼かれ・・・と次々と奇妙な事が起こり始める。
b0016928_2341247.jpg

この映画は、後半のどんでん返しが期待されるものですが、ストーリーが甘かったのでしょう。先が読めてしまう・・・。
ジョニー・デップの演技が上手いので、どんどん引き込まれて見てしまうが、今か今かと盛り上がりに期待しているうちにラストを迎える。
よくあるパターンの結末なので、何か消化不良の映画鑑賞に終わってしまったのです。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-31 23:04 | サスペンス

ブロウ

出演: ジョニー・デップ/ペネロペ・クルス/ポール・ルーベンス/フランカ・ポテンテ/レイチェル・グリフィス/レイ・リオッタ

1970代のアメリカ。ドラッグの密輸で富を得た伝説の男、ジョージ・ユングの生涯を描いたもの。
父の倒産で貧乏暮らしから抜け出すべく、ジョージはマリファナの小売りに手を染め、たちまち商売の才能を生かして大物へとのし上がっていく、それを中心にして、父親の愛、母、恋人、子供の愛と葛藤を絡ませて、彼の波乱の人生を描いている。
彼の罪を問うよりも、彼の人格を魅力的に描いてある問題作である。

b0016928_333729.jpg
確か、彼は実在の人物だったと思うが、悪人だが、人間的に魅力のある役をジョニー・デップが上手く演じてるので、ついつい同情して観てしまうし、応援もしたくなる。
やはり、これは問題作と言われてしまうのは致し方ないかな。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-31 03:03 | ドラマ

ソード・オブ・ザ・ファンタジー

出演:アニヤ・クナウナー/スザンネ・ボルマン/ソニア・キルシペルガー

ブルグント族の君主ハーギアは、世界を支配するために、ドラゴンの剣と宝石が必要であった。
一方、レーニャが20歳になる頃、村が襲われて親も仲間達も皆殺しにあってしまう。
そんな中、故郷を焼き払われた者達の生き残りであるゲーロ達に助けられる。
亡きトールワルド王の騎士でもあったゲーロは、レーニャに剣の技を教え込んだ。
自分こそが幻の剣を手に出来る勇者の血を継ぐ者と知ったレーニャは、ブルグント族への復讐のための戦いにのぞむ。

「ロード・オブ・ザ・リング」を観た後では、何とも物足りない映画ではあるが、可愛い少女が逞しく戦う物語は悪くはなかった。
もうちょっと、力強い演技が欲しかったと思う。
b0016928_16484249.jpg

[PR]
by mipo71 | 2004-10-26 16:48 | ファンタジー

トゥームレイダー2

出演者 : アンジェリーナ・ジョリー/ ジェラルド・バトラー/ シアラン・ハインズ

ギリシャのサントリーニ島で発生した大地震で、地中海海底から月の神殿が発見された。
トレジャー・ハンター、ララ・クロフトは、そこでアレクサンダー大王像に埋め込まれたメダリオンと黄金の珠を発見するが、テロ兵器を開発している科学者ライス博士の一味に強奪されてしまう。
その黄金の珠には生物兵器のありかを示す地図が隠されていたのだった。
女王陛下の命を受けたララは、元恋人の傭兵テリーと共にライス博士の陰謀に立ち向かっていく。

ミポ的には、前回の方がアクションも画像も面白かったと思う。
今回は、最後の戦い方に工夫が足りないような気がした。
b0016928_15323443.jpg

[PR]
by mipo71 | 2004-10-26 15:32 | アクション

バニラ・スカイ

バニラスカイ
やっぱり理解しにくい映画でしたよね。
なんかのリメイク版らしいけど、どちらも評判が悪かったみたい。
何処からが契約の夢かも判りづらかった。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-19 17:37

バニラ・スカイ

出演:トム・クルーズ/ペネロペ・クルス/キャメロン・ディアス

ニューヨークに住むデビッドは、富も美貌も持つプレイボーイ。
ブレンダという彼女がいたが、ある日、ソフィアと出会い、愛してしまった。
ブレンダは、彼と共に無理心中さながらの事故を起して、デビッドは顔が醜く変貌。
b0016928_2455797.jpg彼の生活は一変してしまった。
しかも夢と現実が複雑に入り乱れて混乱してしまう。
その混乱の中で、彼はブレンダと間違えてソフィを殺してしまうが・・・。

「バニラ・スカイ」とは、夜明け前のあいまいな空のことを言うらしいが、まさにこの映画は混沌の空の様に判りにくい。
殺人容疑をかけられた主人公と精神科医の会話から回想シーンに移行していくのと、悪夢と現実が複雑に混ざり合って、観てる方はチンプンカンプン。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-19 02:45 | ドラマ

レジェンド 光と闇の伝説

出演 : トム・クルーズ/ミア・サラ/ティム・カリー/ダーヴィット・ベネント

森に住む青年ジャックは、王女リリーのために、聖なる獣、一角獣の暮らす森の奥へと案内する。
リリーは感激のあまり一角獣に触れてしまうが、それは禁じられた行為であった。
一方、魔王の部下が一角獣の角を奪い去る。そのために一角獣の力が失われ、美しい春の森は雪と氷の闇の世界と変わっていった。また、リリーは魔王の妻になることを強要され、残されたジャックはリリーを救いだし、もとの美しい森を取り戻すために、妖精達と力をあわせて戦う。

淡い光と花にあふれた森、白い雪の舞う闇の映像は共に美しく、その上、美青年に美女と感嘆のきわみだが、いまひとつストーリーに物足りなさ、単純さを感じる。
大人には飽きられる映画でしょう。
恋に憧れる乙女にはお薦めかな。

b0016928_1283711.jpg
可愛いハンサムボーイのトム・クルーズの顔に釣られて観てしまった(;^。^A アセアセ・・
[PR]
by mipo71 | 2004-10-19 01:27 | ファンタジー

バン・ヘルシング

出演:ヒュー・ジャックマン/ケイト・ベッキンセール/ウィル・ケンプ/デヴィッド・ウェンハム/リチャード・ロクスバーグ

19世紀の終わり間近、科学の時代に差し掛かろうという頃、いまだ闇の中に生き続ける魔物を追って戦う男、モンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングがいた。
ローマ・バチカンにある秘密組織の命令のもと、モンスター用の武器う作る名人カールとともに、ドラキュラ伝説の地トランシルバニアに旅立つ。
そこには、先祖代々、ドラキュラと戦ってきた一族の末裔アナ王女がいた。
彼女と共に不死身のドラキュラ伯爵や妻達との壮絶な戦いを繰り広げる。

いや~、ここまで期待せずに観たので、感激しきり。
人間からモンスターへの変身の過程が自然、背景も綺麗で幻想的、しかも大がかりで迫力もあり、配役も良い。
次々と強力な敵が現れ、スリルも満点で目を離す暇もない。
動きもスピーディ、全く言うことなしでした。

これを観た後は、どの映画を観ても、CGの使い方、宙づりロープの使い方、その他のトリック、全ての撮影技術、背景美術が幼稚に思えるでしょう。
そして、「ニューヨークの恋人」の上品な貴族を演じたヒュー・ジャックマン、「パール・ハーバー」で、ヒロインを演じたケイト・ベッキンセールが、それとは違う野性的で逞しい魅力を出してくれた。
上映中は全く気が付かなかったけど、カールの役が、「ロード・オブ・ザ・リング」のファラミア演じたデヴィッド・ウェンハムだった。
あの物静かな弟役が、コミカルなカールと同じ人だとはね~w(゜ー゜;)wワオッ!!

まぁ、ハリウッド的モンスターオンパレードで、漫画チックと敬遠なさる方もいらっしゃるかもしれませんが。技術がそれをカバーしてると思います。
お薦め、お薦めの一作です。
b0016928_232125.jpg

[PR]
by mipo71 | 2004-10-14 23:01 | ホラー

アイ・ロボット

出演:ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/ブルース・グリーンウッド

西暦2035年。家庭用ロボットが普及して、人間はロボットを利用して恵まれた生活をしていた。
そこに新型ロボットの画期的な開発が進み、その発売を間近に控えた時に、開発者のラニング博士が変死する。シカゴ市警のスプーナー刑事は捜査を開始するが、犯人は新型ロボットの可能性があった。
しかし全てのロボットには「ロボット工学三原則」を組み込まれ、人を傷つけることは絶対にありえないはず。
捜査を進めていくうちに、とんでもない主犯が現れる。
そして、ただの殺人で納まらず、人間社会に大きな危機が・・・。
b0016928_2018358.jpg


新型ロボットはハイテク過ぎて人間以上の能力を持ち、ちょっと身近に置いて使うのが怖い感じがした。でも、旧型ロボットも充分人間に近くて良かったわ~。
この旧型のロボットなら欲しいと思ってしまう。
だって、この話は30年後の話ですよ、まだまだ、ミポも生きてます。
煩わしい家事をやってくれるので、現実化してれば夢のようです。
でも、工場なども人員削減にあい、ロボットに仕事をとられ、人間は職を失うでしょうね~。

未来のロボットが意志を持ち、人間と戦うお話は幾つかあります。
いずれ、そんな日も来るのかしら?そう思って観ると、ラストは恐怖を感じますね~。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-14 20:17 | SF

パニック・ルーム

出演:ジョディ・フォスター/フォレスト・ウィティカー/ジャレット・レト

ニューヨーク、マンハッタンに、夫と離婚したばかりのメグと娘のサラが越してきた。
そこには秘密の部屋が隠されている。
緊急避難用室パニック・ルームである。
しかし、越してきたばかりで、この部屋の電話がまだ通じていない。
そこに強盗が押し入る、しかも、強盗の目的の物はパニック・ルームに保管されているのだった。

ジョディ・フォスターは、「羊たちの沈黙」と違い、子供を守る強さを持つ親を演じ、彼女の演技力だけで持っている映画だった。
デヴィッド・フィンチャー監督の作品だが「セブン」や「ファイトクラブ」の様な後味の悪さはない。
それにしても、パニック・ルームまで備えた家にしては、それ以外のセキュリティがお粗末だったような気がする。
b0016928_12452762.jpg
[PR]
by mipo71 | 2004-10-08 12:45 | パニック