<   2004年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

リック

出演:ブラッド・ピット /シェリル・ポラック /ガイ・ボイド /ミレナ・ドラヴィッチ

旧ユーゴで作られた映画で、ブラッド・ピットが23歳の時の初主演作品のようです。
内戦で散逸していたフィルムを後に復元したらしい、幻の映画です。

太陽の光はおろか、全ての光に当ると死ぬという難病に冒された青年が、黒いマスクと全身を覆う黒い服装で闇の生活に生きている。
ある日彼は全ての治療をあきらめて、後悔のない生きる方を選ぶ。
しかし、光を浴びると、3日で亡くなる命。その3日を人並みの生活、人並みの恋をして幸せを感じながら燃え尽きていく・・・。

派手なアクションや見せ場は無いけれど、心に残る素朴な作品です。
残り3日の人生、それを素晴らしいと思いながら、この世に別れを告げるとは。
どれだけ生きても未練が残るのが人生のはず、かえって羨ましくも感じる。

息子の病気で落ち込んでいた直後に見たので、自分の心の小ささに反省もさせられ、強い気持ちにもなりました。
ミポの人生に何かを教えてくれる映画の一つでした。
このb0016928_14463371.jpg画像のブラピはあまり可愛くは写ってませんが、映画の中でのブラピは、色が白くてはかなげであり、可愛くもあります。
ブラピファンにはお薦めですよ。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-31 14:44 | ドラマ

ホーンテッドマンション

b0016928_1141989.jpg
出演:エディ・マーフィー/テレンス・スタンプ/ジェニファー・ティリー/ナサニエル・パーカー

南北戦争以前に建てた大豪邸が舞台。不動産業を営むジムは、妻と二人の子どもと旅行に出かける途中だったが、この大豪邸の主人に急遽呼び出される。
大豪邸の売却の仲介は、大ビジネスチャンスとなると奮起するが、次々と不思議で不気味な怪奇現象が起こる。家族を守る為に勇敢に立ち向かうジムだが・・・

『パイレーツ・オブ・カリビアン』に続き、ディズニーランドの人気アトラクション『ホーンテッド マンション』をモデルに制作されたホラーコメディ映画。

ディズニーファンには、見覚えのある場所がふんだんにあり、魅力的な映画かもしれない。
しかし、映画そのものの魅力としては、ちょっとストーリーに物足りなさがある。物語が単純すぎるのだ。
でも、子供と観るには楽しめる作品でしょう。
はっきり言って、子供向きなのだ。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-31 11:00 | ホラー

トップガン

出演: トム・クルーズ/ケリー・マクギリス/ヴァル・キルマー/アンソニー・エドワーズ/メグ・ライアン

戦闘機のエリートパイロット達を集めた養成所の訓練士を中心に、特に優れたパイロット「トップガン」を目指していく仲間達。
自信過剰で戦闘機の操縦の天才である主人公の、教官との恋愛、友人の死、その他の困難を乗り越えていくドラマ。
F-14とミグの戦闘シーンも見物です。

かなり若い頃のトム・クルーズです。たぶん、これが出世作になったのでは?
でも、ミポ的には、この時代のトムは嫌いです。
もう少し痩せたトムが好き(o^-^o) ウフッ
ちょっと、端役ですが、メグ・ライアンが可愛い奥さん役(死んだ友人の)で出てます。
戦闘機や潜水艦が好きなミポには見応えがありました。
b0016928_9431686.jpg

[PR]
by mipo71 | 2004-08-30 09:41 | 戦争

マイノリティ・リポート

出演:トム・クルーズ/コリン・ファレル/サマンサ・モートン/マックス・フォン・シドー

スピルバーグ監督がトム・クルーズを起用した、近未来映画。
予知能力者を使った犯罪予防局設立に伴い、犯罪者は犯行前に逮捕されるようになった。
ある日、予防局チーフのジョンは、事もあろうに、自分が犯罪を犯す資料を見てしまった。犯罪者と予告され、追われながらも、事実を調べるため調査を始める。

科学の発達で、近未来の家族や社会の構造が、なかなか快適な生活様式に描けている。
それを見るのは楽しいが、なんと犯罪に関しては、超能力者の予知によるもの。
この映画のような社会が近い将来、現実になるように思える。
どんなに科学が発達し、コンピューターの世界になろうとも、人間の思考は今と変わらないのかも。
b0016928_2405049.jpg

ストーリーは面白いが、画像がはっきりしなくて、目まぐるしく動くので、慣れるまでは落ち着かない。
「ラスト・サムライ」のトム・クルーズ、「フォーン・ブース」のコリン・ファレルとお馴染みの顔だ。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-30 02:39 | SF

ラスト サムライ

出演: トム・クルーズ/渡辺謙/真田広之/小雪/中村七之助/ ティモシー・スポール/ビリー・コネリー

明治の近代化を進める日本に、南北戦争の英雄、オールグレン大尉が軍隊の指導にやってきた。
そして政府と敵対する勝元一族との戦いに破れ、負傷して捕えられ、勝元とその一族と生活を共にするようになる。
勝元は、天皇に忠義を尽くしながらも官軍に反旗を翻していた、いわば最後のサムライである。
オールグレンは、武士道精神に強く惹かれ、勝元と共にサムライとして戦うようになる。

渡辺謙や真田広之の殺陣も素晴らしいが、トム・クルーズもかなり練習したであろうが、日本人顔負けの太刀さばきでした。
背景も服装も地味な映画でしたが、小雪の素朴な美しさと、彼らの見事な殺陣が映画を盛り上げてくれます。
久々に良い映画を観たと実感しました。
最初にサムライ軍団が登場する場面が神秘的でもあり、勇壮でもあって、印象に残ってます。
b0016928_03233.jpg

[PR]
by mipo71 | 2004-08-28 00:30 | 伝説・歴史

リーグ・オブ・レジェンド「時空を越えた戦い」

b0016928_16245270.jpg
出演:ショーン・コネリー/スチュアート・タウンゼント/ペータ・ウィルソン
ショーン・ウエスト/トニー・カラン/ジェイソン・フレミング/ナサーラディン・シャー

世界大戦阻止の為、伝説の冒険家・アラン・クォーターメインのもとに、潜水艦ノーチラス号のネモ船長、透明人間、吸血鬼、不死身の人間、ジキル&ハイド、トムソーヤが集合し、伝説のヒーロー達が立ち上がる。

なんとも荒唐無稽なストーリーだが、けっこう観ていられるのは、それぞれの役者に重厚感があるからだろう。
ただ、変身したハイドだけが、漫画チックでいただけない。
もっとリアルにして欲しかった。
不死身の人間を「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」のスチュアート・タウンゼントが演じていたが、このバンパイアの映画を観た後だったので彼が吸血鬼に思えて仕方なかった。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-27 16:23 | アドベンチャー

シカゴ

b0016928_0564554.jpg出演: レニー・ゼルウィガー/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/リチャド・ギア

スターを夢見るロキシーは、愛人を射殺して刑務所に収監される。そこには、憧れの大スター・ヴェルマも収監されていた。
二人は、人気弁護士ビリーをはさんで、名声を賭けての激しい争いを始める。

歌に踊りに出演女優の美しさと衣装、楽しみがいっぱいの映画です。
リチャド・ギアがこんなに歌とダンスが上手いとは驚き!!見せ場がいっぱいです。
さすが、アメリカ!!ダンスが素晴らしい!!こんなダイナミックなミュージカル映画は日本では作れないでしょうね~。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-27 16:21 | ミュージカル

パラサイト

b0016928_1621571.jpg出演:イライジャ・ウッド/ジョジュ・ハートネット/ロバート・パトリック/ローラ・ハリス

謎の宇宙生物に寄生された教師や学生と戦う高校生達のSF&学園ホラー。
高校生ケイシーが奇妙な生物を見つけた。それは人間に寄生しながら仲間を増やしていくパラサイト(寄生虫)。
異変に気づいたケイシーと数人の学生達が、寄生された人間達と闘うが・・・。

ボスを殺せば、寄生された人間は助かると言うストーリーであるが、そのボス探しが見どころ。
内容的には、いっぱい突っ込みを入れたくなるけれど、現在、有名になった俳優達の若い頃が見られるのが嬉しい。
「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッド 
「パールハーバー」「ブラックホーク・ダウン」のジョジュ・ハートネット
[PR]
by mipo71 | 2004-08-27 16:19 | ホラー

ロード・オブ・ザ・リング

b0016928_16165628.jpg「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」
「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」

出演:イライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/リヴ・タイラー/ヴィゴ・モーテンセン/オーランド・ブルーム

これは、みなさんよく御存知、あらためてストーリーの説明は不要でしょう。
世界征服の魔力を持つ指輪を葬る冒険の旅のお話です。

主人公はイライジャ・ウッド演じるフロドのはずですが、脇役の方が数段に輝いてます。
何と言っても、オーランド・ブルーム 演じるレゴラスが目をひきます。
これで、オーランド・ブルームは世界一有名な男優になったのではないでしょうか。
ミポもこのレゴラスで目が♡になりました。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-27 16:15 | アドベンチャー

インナーウォーズ

b0016928_16131183.jpg出演者:ランス・ヘンリクセン/ ロビン・ギヴンズ

癌で死期が近いテロリストが、自分の体内に時限装置の付いた核爆弾を仕掛ける。
それを阻止するために、ミクロ化装置によって、ミクロサイズになった爆弾物処理のエキスパートと科学者達チームが、それもまたミクロ化された宇宙船みたいなもので、瀕死のテロリストの体内に侵入する。
血管の中を進んで行く船体に、バクテリア、白血球等、様々な敵が襲いかかる。

これに似たような映画で「ミクロの決死圏」を、昔観たことがあるが、とてつもなく面白く斬新な映画で印象に残っている。それの第二弾みたいなものだろう。
どんなものか想像はついていたので、やっぱり面白味は半減。
[PR]
by mipo71 | 2004-08-27 16:11 | SF