アイ・ロボット

出演:ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/ブルース・グリーンウッド

西暦2035年。家庭用ロボットが普及して、人間はロボットを利用して恵まれた生活をしていた。
そこに新型ロボットの画期的な開発が進み、その発売を間近に控えた時に、開発者のラニング博士が変死する。シカゴ市警のスプーナー刑事は捜査を開始するが、犯人は新型ロボットの可能性があった。
しかし全てのロボットには「ロボット工学三原則」を組み込まれ、人を傷つけることは絶対にありえないはず。
捜査を進めていくうちに、とんでもない主犯が現れる。
そして、ただの殺人で納まらず、人間社会に大きな危機が・・・。
b0016928_2018358.jpg


新型ロボットはハイテク過ぎて人間以上の能力を持ち、ちょっと身近に置いて使うのが怖い感じがした。でも、旧型ロボットも充分人間に近くて良かったわ~。
この旧型のロボットなら欲しいと思ってしまう。
だって、この話は30年後の話ですよ、まだまだ、ミポも生きてます。
煩わしい家事をやってくれるので、現実化してれば夢のようです。
でも、工場なども人員削減にあい、ロボットに仕事をとられ、人間は職を失うでしょうね~。

未来のロボットが意志を持ち、人間と戦うお話は幾つかあります。
いずれ、そんな日も来るのかしら?そう思って観ると、ラストは恐怖を感じますね~。
[PR]
by mipo71 | 2004-10-14 20:17 | SF
<< バン・ヘルシング パニック・ルーム >>