SAYURI

出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェール・ヨー/役所広司/コン・リー/工藤夕貴/大後寿々花(おおごすずか)

貧しい漁村に育った9歳の少女千代は、貧困の為に、姉と共に売られ、花街の置屋に引き取られていく。
知らない世界で、泣きわめきながらも、同じ境遇の少女、カボと芸者の修行に明け暮れる。

やっとめぐり合えた姉とも生き別れとなり、絶望した千代の前に、会長と呼ばれる親切な紳士が現れ、千代は淡い恋心とあこがれの心を持つ。
いつか立派な芸者になって、会長に再び会いたいと、希望を抱くようになった。
そして、千代は「さゆり」を襲名して芸者見習い(半玉)として波乱の人生を歩んでいくのだが。

b0016928_22325684.jpg


英語名(MEMOIRS OF A GEISHA)
第二次世界大戦前後の京都をベースにした、実在しない「はなまち」での生活を描いた「さゆり」という名前の芸者の物語。

正直、良くもなく、悪くもなくって感じかな。

確かに、筋書き、日本の文化をよく研究している。
でも表現の仕方が違うような。
まあ、外国人が作り、演技してるのだから仕方のないことだろう。

外人から見た日本文化はこのように見えるんだな~と考えながら観てると面白いのかも。
いきなり外人に着物の着こなしが悪いと言ってもしかたない。
でも、ミッシェル・ヨーはしっとりとした良い味を出してたと思う。
ちょっと賠償美津子を思い重ねてしまう。

さゆりの少女期を演じる大後寿々花が素晴らしかった。
世界的な大女優達を相手にして、みごとな演技である。

全体的に、照明も色合いも暗い場面が多かったが、これはチャン・ツィイーの華麗な舞の場面を明るく豪華に見せるための伏線かと思ったが、一番の見せ場の場面も暗かった(いや、お見事な舞でしたが)

もうちょっと明るい場面が欲しかったな~。
[PR]
by mipo71 | 2006-01-19 22:33 | ドラマ
<< THE 有頂天ホテル キングコング >>